Prologue

辛いという意味と等しい言葉は、幸せさ

ふいに思い出してしまった、あの時代のこと。

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

 

 

いや、

 

 

 

 

めっっっっちゃお久しぶりです。

 

 

 

 

 

誰に向けてやねん。

 

はてなブログさんへ、です、はてなブログさんお久しぶり。2年ぶり?くらい?やっほー。元気してた?私は超元気してたよ(^-^)v

 

なーんてゆうのはこのへんにしておいて。

 

 

 

 

 

まだおたくです私、びっくり。私が一番びっくり。

 

 

 

 

 

2年前の私、超元気なおたくだなぁってたま〜に見てはいたよ。

 

 

 

勝利くんのおたくはもちろん、色んな界隈に手を出しておたくを続ける現在ですが、とある事をきっかけに"セク鬱"時代を思い出してしまったのでその頃の想いが綴られたはたまた2年前の私の下書きが残っていたので、これを機に供養したく、思います。

 

 

そんなことのために、よっこらせと、はてなブログ、また始動させてみました。

 

我ながら気まぐれが過ぎますなぁ。

 

 

まぁそんな、きまぐれブログなんで、暇で暇で暇でしょうがないよってひとがいれば、読んでくれたら嬉しい限りです。

 

 

はい。ですがここからめちゃくちゃ長いです。

当時のメモをちゃちゃちゃってコピペして貼るだけなんで簡単作業なんですが。

 

 

一応コレが2年前のメモだよって分かる画像になりやす。貼っておきます。↓

 

 

 

 

f:id:kah0:20181121034307j:plain

 

 

 
 
 
 
 
 
ここから勝利くんを好きになったきっかけから、今に至る経緯を、自分の言葉でゆっくりと、まぁちんたら綴りたいと思います。
 


Sexy Zoneがデビューした時から認識はしてたけど私と同年代?ましてや年下?のアイドルグループ????アンチじゃ無いけどって感じの当時の私。
当時中学生ながら韓流ドラマを観まくって誰とは言いませんが、韓国の俳優さんに超絶ハマってた私はSexy Zoneなんて顔も名前も大して知らなくってまさかこんなことになるなんて思いもしてませんでした。
 
 
 
音楽特別番組で可愛らしい衣装をまとって歌って踊るキラキラ輝くSexy Zone のなかでも真ん中いる勝利くんを見たとき、初めてジャニーズというものに目を奪われました。当時高校生の私、リアルガチでただの王子様集団だと思いました。
途端に調べずにはいられなくって、勝利くんは私と同い年で、小学校の頃からずっと陸上部だった私と同じ、陸上男子。
 
この細さどうりで〜〜!!
 
 
キラキラアイドル王子様集団みたいなグループの真ん中で踊る彼はドセン張っているのにも関わらずどこか儚くて脆くって。自分ここにあらずって感じ。あんなにキラキラなのにすぐに壊れちゃいそうだった。
 
 
そっから私はSexy Zoneにみるみるうちにハマっていきました。CDとかアルバムほいほい買って、この人達ほんとうにキラキラだな〜って!でもやってたラジオ聞いたら、うっわこの人達面白いし(笑)みたいな(笑)初アイドルだったけどハマる要素しかなかったです、今思えば。
 
 
 
弟組はデビューがあまりに早すぎてジュニア時代の映像はほどんど無いのに比べて、わんさか出てくる年上2人。みるみるハマるうちにデビューの時に色んなことがあったグループなのだと必然的に知りました。デビューして間も無い頃だったため、SNSにも色んな考えの人がいました。
 
 
ほら、美愛信者的なね。Sexy Zoneのことをもちろんよく思ってない人だって。私はTVに出てたSexy Zoneを好きになって完全に後から美愛を知ったけど、そっか、ずっとずっと美愛が好きだった人もいたんだなぁ〜〜それを応援していた人もいたんだな〜〜って。
 
 
そんな年上2人のど真ん中にいきなり立たされた勝利くんのことを考えました。私だったらとふと考えて、速攻で無理だって思いました。
 
いつ投げ出してもおかしくない、私だったら。
 
 
同い年の男の子背負う荷物にしてはとても重すぎて。。。同世代の仲間達とのやっと出来始めた関係性も崩れて、壁が出来てしまったのかなぁ。でも勝利くんは何も言わなかったんだろうなぁ。何も言わずに1人で背負ってたんだろうなぁ。なんて全部憶測だけれども。そう考えるとさ。。。
 
 
こちらに見せる顔はすごく楽しそうで。キラキラして私には眩しかったーーー。
すんごく元気を貰えた。勝利くんは私が想像してるのよりずっとずっと強い人。
私にはとてもない強さがあって、
すごいなぁこの人ってただ漠然と、だけど猛烈に尊敬した。
 
 
この人をずっと見ていたい、もっと知りたい、私もちょっとでいいから力になれたらなって。勝利くんが見せてくれる景色を、これから見る景色を一緒に見たい、ただそう強く思った。
 
 
 
 
 
 
あの発表を聞いた時はもう何が起こっているのか分からなかった。
 
 
怒りだった。
 
 
 
哀しみだってもちろんあった。普段具合も悪くなることなくハチャメチャに元気な私だから元気がなさすぎてみんなに心配された。事情を話すたびに実は泣きそうになってた。だんだんなにかがおかしかったのは確かだった。よくある表現だけどほんとうに、歯車がずれていくような ボタンを掛け間違えていくような、ほんとそんな感じだった。
 
グループとして徐々に成長して個々にも成長して個性を広げて自信をつけていく、そんな5人の姿を見ているのはとっても楽しくって。幸せだなぁって思ってた。Sexy Zoneがだんだん創り上げられていくのをただ見守ることが楽しかった。5人一人一人が大好きになっていた。
 
なにより、年下2人のようには上手く甘えられなくて、でも年上2人が大好きで、年下2人との関係もだんだん出来てきていって、そんな不器用な勝利くんを、Sexy Zoneをだんだん居場所にしていく勝利くんを見てるのが楽しかった。ずっと応援してたかった。
 
 
 
 
だからもうほんとうに考えられないぐらい悲しくって辛くって。
色んな意見が飛び交っていたけれど、私はただ単に購買意欲が湧かなかった。それからほんとうに一切Sexy Zoneを買わなくなった。言い方を変えると、逃げた。
 
まぁ今考えると考えすぎだし私一人なんかが我慢して買わなかったところでどうにもならないし、事務所へのなんの抵抗にもならない。
 
5人が大好きだったのに!なんでって!意味が分からないって!ただただショックを受けていた私だった…あぁファンってなんて無力…
 
たまアリでのメンバーの言葉は正直なんも響かなくて…何を言ってるんだろう、何が起きているんだろうと、まだその時も思ってた。
風磨くんが言った「信じて付いてきて欲しい」付いて行くって何?信じるって何を?誰を?事務所の言いなりになって3人形態のCD買ったら負けじゃん!!!売上貢献したくなんか無いしそんなのする気なんかまんざら無い。このままなのは絶対に嫌だ!!!!ってそん時は意味もなく怒ってた。
限りなく不安だった。
どうすればいいのかが分からなかった。
どうにか反抗したかった。
抗いたかった。
このままは絶対に嫌だった。
だけどどうしたら良いのか分からなくて分からなくてこんなのは嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だって泣いた。いっくら泣いても涙枯れなかった。このグループに付いて行こうってそう思っていたはずだったのに、勝手に裏切られた気がしてた。
そんな時でも勝利くんはただ瞳潤ませるだけ。何も言わなかった。
 
 
 
 
そっから堂々とSexy Zoneを好きだって言えなくなったのはもっと辛かった。
 
 
 
売上に貢献してないから後ろめたさは多少なりともあったし、今のSexy Zoneは好きじゃ無いって意地張ってた。
本当は誰よりも誰よりも好きなのに!情熱秘めてるのに!そんな自信があるのに!ずっと諦めきれなくって、周りはどんどん離れてって、でも私はそんな簡単に割り切れなくって、Sexy Zoneを諦めきれなかった。辛かった。
ずっと大好きな5人をただ求めてた。私にとってSexy Zoneはすごくでかかった。すごくでかいものが形を変えたショックはでかかった。ファンはどこまでも無力すぎてSexy Zoneをどうすることも出来ないし、自分の心も見ないふりするしか術が無かった。そんな日々だった。
 
 
 
 
 
 
リリイベは外れて家で待機組だったんだけど、そんなことはどうでもよくて。
 
 
レポ読んだ途端に涙が溢れ出して、
こんなに人生で嬉しいこと無い!!!!!!!!!
ずっと次こそはって信じてたから!!!!!!!
記念すべき10枚目シングルはさすがにう〜〜〜〜〜んと期待してたから!!!!!!!
 
 
やっとなんだって思った。その前にも5人での露出がたくさんあった。Mステのスペシャルとかスマスマとか。ここまで5を押し出されてもセク鬱は酷くて、それでもちょっと半信半疑だった。
 
 
ここぞと挑んだリリイベは呆気なく外れちゃったけど、ひとり家でわんわん泣いた。泣き叫んだレベル。見た途端にブワァァって溢れ出す感じ。あんなにレポだけで泣いたことは今までに無かった。あんなに悲しかったのに、こんなにうれしい気持ちになれるのなんて。誰にも分からない、5人のSexy Zone好きな人しか分からない。超絶行きたかった現場だったけど、たぶん居たら尋常じゃなく泣き叫んだから無理だった。
 
 
 
勝利くんはさらにう〜〜〜〜んと強くなっていたね。夏のソロコンはちゃっかり入ったから猛烈なチカラ強さはひしひしと感じてた。急激な逞しさは凄まじかった。どんどん強くなっていた。堂々と5人での活動を宣言する勝利くんはとびきりに生き生きしてた。勝利くんの堂々とした5人への愛を感じた。この人Sexy Zoneがすんごい好きなんだろうな〜って。ああ私と同じだったんだってちょっとわろけた。あぁ、これだぁ〜〜〜〜戻ってきたんだ〜〜〜〜〜〜ずっと求めてたものが、ずっと探してたものがあった!なによりやっぱり大好きだって強く思った!Sexy Zoneが大好きだって!勝利くんが大好きだって!ドシドシ担降りしてく友達に乗せられて降りようかなとかも考えたけど、どうしても無理で勝利担辞めたくなくって!勝利担で良かったーーーーーーーーって!
 
もうずっと抑えてた好きが溢れて止まらなかった。
 
 
 
 
 
 
ファンに向けて書いた歌詞だという、アルバムソロ曲を聞いた時、勝利くんはなんて強い人なんだろう、とまた改めて思った。
 
やっぱり陰で泣いてた。
 
私たちファンなんかより勝利くんはきっと人一倍どうすれば分からなくって従うしかなくって人一倍悩んだんだろうな。それでいて何も言わないでいてくれたんだろうな。そんな時でもきっと弱味は人に見せなくって自分で抱えててくれたんだろうな。色んな壁があったんだろうな。
 
それに気付いてもう途端ものすごく後悔した。あああああなんで私はどんな時でも見守ってやれなかったんだろう!目を背けていたんだろう!!
 
付いてきて欲しいさえも言えない、そんな強くて優しい勝利くんにちゃんとしっかり付いて行けばよかった。この後悔はもうずっと。
 
 
 
だいたいみんながみんな泣いてるって設定なんだよ、重くって愛詰まりすぎそんな大好きな歌。勝利くんが書いた詩。私たちに伝えたかった詩。
ソロコンで一緒に歌ってくれてありがとう。とても素敵な思い出。
 
 
 
 
 
勝利くんの織り成す言葉が好き。言葉選びが好き。真っ直ぐに伝わる。勝利くんの作り出す歌詞はもっと好き。色んな経験を数え切れないくらいたくさん1人で考えてたくさん悩んで壁乗り越えてきた人だから、周りの人の大切さを知ってるし、物事の捉え方を知ってる。言葉1つ1つがとても重い。グッとくる。
 
 
知ってる人少ない気がしてるけど、生きてよなんて超良い曲なんだからね?19歳が書いたとはとてもじゃ無いけど思えないよ?勝利くんが伝える命の大切さと愛が詰まりに詰まった曲。是非若者に聴いてほしい。しっかり聴いて考えて欲しい。よくネタにして使われるけど私アレあんま好いてないない。て はい、すぐにモンペ〜〜〜!hachidoriもとっても良い曲だから是非〜〜〜!てか佐藤勝利作詞はどれも素敵曲だから是非〜〜〜!って話がそれましたね。
 
新曲が出るたびに一番に好きってなるのにいつも更新されるから凄い。
たぶん今回(Last winter's night)はそう簡単には更新されないはず、はず。。。
 
 
 
 
決して努力をまわりにひけらかさなくって、当たり前だとも思ってなさそうな勝利くん。なんなのだろう、日常なの?ズルいわ〜〜〜。自然体なのに中身が超絶イケメン。ほんとうは誰よりもリア恋枠だって私は知ってた。(頭抱)なんでも出来て器用、だけど本当は超不器用。肝心なところが不器用。生き方とか人付き合いとか超不器用。愛おしい。本当は人一倍頑張ってて人一倍悩んでるし人一倍人を愛してるのにあんまり気付かれないのはこちらとしてもちょと悔しいよ!弱味をこちら側に一切見せないのは、ファンをいち彼女として考えてるのは誰よりも勝利くんなんじゃ無いの?って思うくらいです!たまには弱味を見せてくれていいよ。完璧でいてくれなくたって良いよ。だけどそんな勝利くんが好きです。かっこいいです。とことんあなたに惚れてます。でもどんな勝利くんもたまらなく好きだから 大丈夫だからって思う。ああどこまでも愛おしい。
 
 
嬉しい言葉をいつもくれてありがとう。勝利くんは冷たいってよく言われるけどすんごく暖かい人だよ。しっかりパフォーマンスで魅せて伝えてくれる勝利くんは私にとって偉大だよ。完璧なアイドルだよ。好きだよ。最大級のファンサ野郎だよ。まだまだ新しい勝利くんを発見していきたい。好きをもっともっと更新させていきたい。だいすき!!!!!!!表せないほどに愛しています!!!!!!!ここまで私を魅了してくれてありがとう!運命の人は勝利くんがいい!勝利くんとはもう一度生まれ変わってもアイドルとファンとしてまた出会いたいです。ありがとう!!!!!あなたのファンになれて世界一宇宙一幸せ者です。きっとすごい男になる、誰よりもビックになる!将来ビートルズと並ぶであろうSexy Zoneだもんね!他ではない勝利くんがそう信じちゃってるんだもんね!すげーや!てっぺんとるぞ〜〜〜〜!勝利くんを、勝利くんの可能性をこれからもずっと1番に信じてる人でありたいです!そして誰よりも君の味方でありたいです。勝利くんの名に恥じることの無い、そんなデカい人間に私もちっとは近付けるように日々精進しながら生きてこうって思います。本当にいつもありがとう。
 
 
 
生まれてきてくれて、アイドルになってくれて、私に見つかってくれて、心からありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(大声)
 
 
大好きな人へ
 
お誕生日おめでとう
 
 
 
 
 
とまぁ、はい。
 
大変長らくここまでお付き合い頂きありがとうございます。
 
なるほど。
 
誕生日のお祝いメッセージをしたためていたのですね、当時の私。
 

いや、なげーよ!!!!

 
 
 
 
長すぎて当時の私も人の目にさらすことを躊躇したんですかね。
 
 
まぁこんな当時の私の想いが供養された(?)ので良かったです。
遅すぎるけどお誕生日祝いにもなったのかな、と。
拙すぎる文章でごめんなさいでした。
自己満です。
 
これを書いた当時と変わらない現在の自分にびっくりです。
 
 
 
 
様々な界隈を追っかけだした現在のこともまた気が向いたら、記事に書こうかと思います。
 
 
 
 
以上
 
 
読んでくださった方が万が一、いや億が一いらっしゃっいましたら、誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

DDへの扉を開くまで

 

そんなこんなでジャニヲタとなった私でした。


今回はそんな私がDDへの扉を開き今に至るまでの経緯を述べたいと思います。


私DDです。しかしDD(誰でも大好き)という造語にはなんだか抵抗を覚えます。あくまで勝利くんが大本命にいるつもりではいるので掛け持ちというのもなんだかしっくりきていません。
ただ私は好きな人が多いだけなのです!応援したい方が沢山いるだけなのです!(真顔)
猛烈にやる事がなく死ぬほどお暇でしたら、お付き合いください(笑)。

 


Sexy Zoneにハマってすぐに私は、元ヲタクのお友達に教えてもらい少年倶楽部を見始めました。そうです、そうなのです、あの番組こそが私のDD気質の原因なのであります!!!!!(断言)!!!!!!!

 

第1段階でまず、Sexy Zoneにしか興味がなかったはずなのに、だんだんとジャニーズJr.にも興味が湧いてきます。Sexy Zone関連のものに必ず関わってくるジャニーズJr.。神宮寺勇太くんは幾度となく周りの仲間が変わりつつもいつもいつも勝利くんのそばで頑張っている子でした。すぐに分かった。チャラ男キャラを確立しつつも、裏腹に真面目に精一杯お仕事をこなす姿はカッコ良かった。お顔が可愛くてめっショタだった、、。

死ぬほどリピートした少クラ:風に乗って/keep it up/SUPERSONIC ジャニーズJr.(Sexy Boys)

キンプリでの活動の際、当時の同期 勝利くんへの悔しさを告白してくれた時はなんだか嬉しくってホロホロと涙が出たなぁ。。。実は去年の夏は神宮寺くんのために六本木へ通った最高の夏でした!!!者!!!
そんなこんなで私のTwitterのヘッダーの勝利くんの傍には神宮寺くんがいつもいました。
勝利くん担当♡神宮寺くん応援♡でした。(黒歴史JK時代)(爆)

 


幸いにもハマり始めた時、近くに現ヲタクのお友達もいて、その子にも色々とご指導頂き、ジャニヲタ初心者は深夜のジャニーズ枠のドラマを見始めるのでした。まずはその当時映画もやっていた 「私立バカレア高校」です。バ、バカレア組〜!北斗くん好き〜!!!(軽率)
少クラでジェシーくんと歌う北斗くん。勝利くんとハワイとかも行ってくれたほくジェ、、、。当時絶大な人気を誇っていたコンビほくジェに私もお熱だったのです、着々と北斗くん沼を開拓していたのです。ですが、なななんとその最中でした!敵高校の悪役として現れたSnowMan岩本照くんです!あの人ジャニーズだったの!?初めは驚きでした、、。少クラブログに、バカレア組との再現もあり登場した照くん。。。質問者さんと同じ気持ちで見守ってました。ずっと気になってた。。。繰り広げられる照くんの自己紹介。チョコを毎日のように食べる程好きだけどホワイトチョコは嫌いな照くん。なにそれカワイイ。。。勉強の為にも映画をたくさん見ていたり自分にストイックで体を鍛えまくる照くん。

死ぬほどリピートした少クラ:RIGHT NOW ジャニーズJr.(謎選抜)

歌って踊る照くん死ぬほどカッコイイ〜〜!!!!(ハイ沼)

そこから健人さん主演のBAD BOYS J などでさらに深い照くん沼へと堕ちる私なのでした。。。SnowManの沼はすごいです。なによりもあのハイスペックさに加え、あの個性です。バックのSnowMan目当てにタッキーソロ魂のDVDを購入し、お友達のキス担にDVDを貸していただき、どうしても行きたくなった少年たちにご縁あり入れた時にはもう完全に照くんに付いて行きたいなって(爆)。

この際、北斗君も拝ませて頂き、リアルガチでヤバいなとは今現在もなお思ってます。絶賛気になってます(続)。

 


こんな調子の私です。少クラを見るには欠かすことのできない司会、それを務めて下さっていたHey!Say!JUMPさんを気にならないわけがございませんでした。ずっと活動停止をしてついにシングル発売となった曲、Come On A My Houseを少クラで聞いた時です。なにこの曲カンワエ〜〜!!!!Hey!Say!JUMPカンワエエ〜〜!!!!
いくら口ずさみやすくキャッチーなフレーズだったとはいえ、当時仲の良い友達に「また(振り付きで)歌ってるよ」と呆れられる程でした。少クラでも2週連続とかでやってくれたし、ハイ、死ぬほどリピートしました。これには、さすがの母にも「見るのは構わないが、同じところばかりをリピートするのはいい加減にしてくれ」と言われた程でした(笑)
その年の暮れ、勝利くんがお目当てですがジャニーズワールド〜2020〜に行った際プロデューサーとして出演し、1番好きだな〜気になるな〜ぐらいに思っていた薮宏太くんが忘れられず本格的に沼へ堕ちることとなりましたとさ。
それと同時にSexy Zoneさんの雲行きがだんだんと怪しくなり、私が高校3年生の時あの夏が訪れました。どうしても3人体制が受け入れられず、ちょうど受験期にも入った私はSexy Zoneから結果目を背けてしまいました。またこの"セク鬱"期間のことは詳しく記事書こうかな〜とか思います。
なので、私の受験期はHey!Say!JUMPと共にあります!Twitterこそ受験のため、やめてしまいましたがYouTubeでHey!Say!JUMPの動画を漁り、DVDを集めた受験期でした(クズ)。大学生となってすぐにファンクラブに入り、Carnivalで初めてHey!Say!JUMPでいる薮くんを見ました。運良く自チケで良い席に恵まれ、その優しい眼差しに見つめられお手振りファンサを頂いた際にはこの人に付いてこうと思いました(爆)。その際持っていたファンサボールを物欲しげな眼差しで見つめたにも関わらず、「あ〜げない」と言わんばかりのいたずら顔でそこから走って去っていった薮くんに全力の愛おしさを覚えた私は完全なる負けでした。

 

私はジャニタレに対して、可愛いなって思ったり気になってるぐらいは序章でまだ大丈夫です。本格的に”この人に付いて行きたい”と思うと一気に沼突入です。最近現場DDという言葉を良く耳にしますが、私の場合言うなれば茶の間DDです。私生活同様ヲタク事もたぶん、出不精なので、茶の間を極め色んなものを見て、だんだんと沼へハマり、生で見てみたいという想いが募り募るとようやく行動に出ます。たぶんそこの過程が人より長い気がします。なので気になってるぐらいでは現場に行こうと思いません。でもいざ、茶の間を極め行った際の現場で、最終的に本格的な沼にハマり、現在に至る、という感じです。今はその過程まで至った人物が4人、まあ人より少しばかり多く存在するということですね。この4名(勝利くん、神宮寺くん、照くん、薮くん)には、現在進行形で好きを募らせ全力で応援させていただいている次第です。日々、あちらこちらのお勉強に勤しむ私は、永遠のド新規ってやつです。

 

あ〜〜〜ヲタク楽しい〜〜〜〜!!!!(大声)(定期)


私が死ぬほどリピートした少クラの映像はどうにか検索をかけるときっと出てきます!気になる方は是非!そしてようこそ沼へ!!(笑)

 

 


あ、そだ!そんな私の最近の開拓沼をご紹介しますね(いらん)。

上京し独り暮らしを初め、DDの根元となる少年倶楽部が放送されるBS放送がついに絶たれました。ですので当然、私もいい加減に堕ちる沼も無いだろう、そう踏んでおりました。甘かった、、、、、(全力頭抱)

 

それは、薮くんとSnowManの影響でうっかり諭吉さん2人と少しをおさらばして購入した滝沢歌舞伎10th anniversaryでした。

簡潔に言うとひどく感動致しました!!!!!!!!!!

初めて見た時の感動は忘れません。号泣で涙が枯れ体が震えました。すぐにお友達に感動を伝えるお電話をしました(大迷惑)。滝沢くんが創り出す世界、滝沢くんを座長としみんなが滝沢くんを尊敬し集い信頼し合う中でやっと作り上げられる世界。感無量でした。滝沢くんの細部にまでこだわり、演者一人一人をしっかり見て口数は少ないものの俺の背中を見よと言わんばかりのその姿勢、後輩と人間として向き合って任せるところはとことん任せるその心意気。なんて素敵な人なんだ。カッコイイ人なんだ。こんな上司の下で働きたい。この人に憧れて仕事をしたい。そう一心に思いました。一瞬でした。"この人に付いて行きたい"


去年は申し込みに間に合わず、演舞場の雰囲気だけ味わいたいなぁと、グッズを買うついでに会場にだけ行きました。グッズ販売の音漏れでうずうずしながら、手元にどうやっても存在してくれないチケットに泣いたなぁ。。。なのでやっと今年、Jr.担のお友達の名義でご縁あって念願だった滝沢歌舞伎を観劇することが出来ました。それなりの覚悟をして入りましたが、初めて生で見るそれは当然ながらDVDを見た時には遥かに勝る感動でした。スタンディングオベーションは号泣で涙が溢れて止まらず、拍手がままならない状態でした。11年間続くそれは、毎年進化しながらお客様を飽きさせることなく守り続けられてきました。1公演1公演に全てをかけ、来て頂くお客様に楽しんで頂くため、一人一人全員がそれに向かって全力で創り上げられている、それが痛いほど伝わってくる素晴らしい舞台でした。それを毎年一度でいいので見届けられたらなぁと思うのでした。。。
真剣な表情の傍らふいにとびきり無邪気な笑顔を見せる滝沢秀明くんに完全に魅了された私は、YouTubeで昔の滝沢くんの動画を漁り始めファンクラブに入ることを決めるのでした。(ハイ沼)

 


以上!DDヒストリーでした!
まぁなんと1つ1つの想い入れが強いこと!話が長いこと!!(土下座)
特にすることがなく超絶暇すぎる時に推奨します!!!!!最初にも注意を促した気がするけどこんなにだったとはですよね!!!!!さーせん!!!!!!!!

 


読んでくれた方ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

ジャニヲタになったきっかけ

 

あなたのジャニヲタはどこから?


〜そう!私は現担当佐藤勝利から〜

 

なにがそう!やねんと思わずつっこみを入れた方もいらっしゃるのではないかと思います。そうなんです、私、稀に見る(?)セクゾ落ちなジャニーズヲタクです。

初めて買ったジャニーズCDはoneSexy Zone!!!

(これを言ったら友達元嵐ヲタクに仰天されました)


我が担当ユニットSexy Zoneは、共演する天下の嵐担当様はじめとするジャニーズ諸先輩方のご担当様をもSexyの渦へと巻き込んでしまわれることで有名(?)かと思います。Hey!Sey!JUMPやKis-My-Ft2などのバックを務めていたメンバーがいることから降りてこられる方や、初登場Mステで共演させて頂いた嵐とはメンバー構成などの共通点もあり、掛け持ちをし始める方を多く見る印象があります。
しかし近年では、それだけにはとどまらず二次元ヲタク様、異国である韓国ヲタク様、性別を超えた女子ドルヲタク様など様々なジャンルにいらっしゃった方々をもSexyの渦へと巻き込んでいるというこの実態です。
まさに私がその1人です。私はSexy Zoneデビューの当時、異国である韓国のドラマを見まくりTSUTAYAの韓流コーナーにおばちゃんに混じりながら重鎮するJCでした。誕生日にはTSUTAYAで借りることのできないメイキングDVDをプレゼントとして親にせがんだ挙句買っていただきました(クズ)。JCのためめったに行けない東京。気の会う友と一生で一度の中学校の卒業旅行を使い、新大久保へ行くために赴きました。(ディズニーとかみんな行ってたなぁ、、、)その中で好きになる俳優さんを追いながらグッズを集めドラマを見て楽しい日々を暮らしてました。その後進学し、立派にJKとなった私の自己紹介は「趣味は韓流ドラマを観ることです♡」でした。

 

 

新大久保で手に入れた好きな俳優さんのクリアファイルを愛用する、そんなJKも、ついに運命の出会いを果たします。
テレビっ子だった私がごく普通に何気なく見ていた、それは確か高校一年生の時の Hey!Hey!Hey!〜秋の生放送SP〜 でした。
テレビの中で、Sexy Summerに雪が降る を歌い踊るサンタクロースのコスチュームの衣装を身にまとったキラキラなアイドルグループSexy Zoneが目に留まりました。それまで何の意識もせず受け流していたものを、初めて意識した瞬間でした。私の中で何かがビビビッと走りました。

な、なんだこのキラキラは!?!?

もう意味が分かりませんでした、、、キラキラすぎて、、、。

 

私が中学生の時にはデビューしていたSexy Zone。存在は知っていました。当時20代、30代の韓国俳優さんを追っていた私にとってそれはとても幼く、ジャニーズってなんだか子供っぽい、そんな風にしか思っておりませんでした。昔からテレビっ子だったため、小学生の時のバイブルは学校へ行こう野ブタ。をプロデュース では彰こと山P派、車のBGMはSMAPタッキー&翼、毎年何気なく観ながら年を超す番組はジャニーズカウントダウン、だったのにも関わらず、です、、辱い、、、、今となってなんでもっと早くに気付かなかったのだろうと、悔やんでも仕方のないことなのですが。


それから私はみるみるとSexy Zoneにハマります。もともと韓流ドラマの馬鹿みたいにトンチキでありがちでザ王道な恋愛ストーリーにハマっていた私なので、キラキラ王道アイドル且つトンチキさを兼ね備えたSexy Zoneにはハマらない訳がありませんでした。
後述しますが初めての担当としたのは、真ん中ドセンターの佐藤勝利くん。彼にアッと目を奪われSexy Zoneに目を留めました。どこか儚く脆く壊れそうにあったセンターでした。同い年で同じ陸上をしている、運命かなと思いました(照)。なにより顔がカッコよかった。こちらへ見せる姿はどれもキラキラで、楽しそうなのに借りてきた猫のような彼のその笑顔の中に何があるんだろうと、惹かれました。もっと知りたくなりました。


ジャニーズの担当制度をイマイチ分かってなかった私は、風磨くんも好きだなと思うようになりました。私がSexy Zoneの沼へ引きずり込まれた原因となるのは、明らかに年上2人の影響にありました。YouTubeでラジオを聴けば、馬鹿みたいに笑ってしまうラブホリック先輩の甘い言葉しりとりに、アルバム曲を聴けば甘い風磨くんの歌声。好きにならざるをえませんでした。しかしクラスのみんなにPVを見せればやんやんdisられてしまう風磨くんでした。男らしい一面や仲間想いな彼を知り、あんなにカッコいいのに…どれだけ言ってもみんなには伝わらないけど私だけが分かる彼のカッコよさがある、そう思ってました。そんな私の世界は狭かった。ついに友達が欲しいと思い、Twitterを始めると担当制度をここではじめて、ようやく理解し、戸惑いました。どっちにしよう、と。Twitterの世界には風磨くん
を好きな人もたくさんいて、美愛信者なる方々も当時はたくさんいらっしゃいました。デビュー前の動画、美愛でのユニットの動画をYouTubeで一通り拝見し、Sexy Zoneは一部の方々にとっては望まれたデビューでは無かったことも理解はしていました。
それでも私はSexy Zoneが好きでした。

 

自信を持ってSexy Zoneが好きだし、勝利くんが好きだし風磨くんも好きでした。
今になって正直に言うと、ジャニーズJr.として長く活動してきた風磨くんを新規の私か自信を持って担当だと言えない自信のなさも影響したかとは思いますが、結局私が選んだ、佐藤勝利担当としての私の人生がスタートしました。
あ、ちなみにJDになった際の自己紹介ではちゃ〜んと「(理系で二次元ヲタクが多い中で)私はジャニーズのヲタクです♡」と言いましたよ!その後に聞かれました「誰担?誰担?」私Sexy Zone佐藤勝利くんです♡」〜 完 璧 〜

 

勝利くんは知っていくにつれて好きがどんどん増すタイプの沼でした。努力は決してひけらかさず、こちらに涙ひとつ見せません。いつもTVの向こう側にいるファンに優しい言葉をくれ、勇気付けてくれ元気をくれます。ジャニーズJr.として人気筆頭だったふまけんの間に、次世代期待のジャニーズ事務所の新ユニットSexy Zoneのセンターとして立つことはとても中学生2年生が背負えることでは無かったと思います。そんな子がだんだんと成長して、Sexy Zoneというグループを必死に創り上げてくれようとする姿に、私は今でも胸打たれ、佐藤勝利担当から佐藤勝利担当へと担降りをする日々です。とびきり強くてとびきり優しくて仲間想いでファン想い、まっすぐな言葉や歌詞、ふいに見せる男らしい一面。ビジュアルはとても同い年には思えないほど幼くて、精神面は打って変わってとても同い年とは思えないほど大人びていて、自分を飾らない勝利くんは良い意味でとても等身大の同い年の男の子でした。大好きです。(どさくさ)
勝利くんは私を飽きさせることを知らずジャニーズの入り口を作ってくれた人であり、野心の強い終わらない男なので私の佐藤勝利担当の人生は終わることを知らないのだろうなぁとそう思ってます。(劇的に重い)


時折風磨くんを拗らせすぎることも多々あります。そうです、ジャニヲタ初心者の私は、風磨くんが俗に言うリアコ枠だったのだなぁと後に知ることとなりました。。。

ふまけん兄さん達により沼へと落とされたJKも今や、ちびーずことしょりそうマリの弟組の急成長や3人のラブトライアングルから目が離せないショタコンBBAへと成り上がりましたとさ。。。完

 

 

ありがとう勝利くん!

ありがとうSexy Zone!!!


てなわけで後半ジャニヲタへのきっかけなんだか、ただののろけなんだかよく分からなくなってしまいましたが、以上ヲタ歴4年?のまだまだ半人前ジャニヲタ、Sexy Zone佐藤勝利担当の私が語るジャニヲタへのきっかけでした!

読んでくれた方々ありがとうございました!!!

 

 

 ジャニヲタの世界はまだまだ広い、次回佐藤勝利担当ジャニヲタがDDの扉を開くの巻(おい)!!!!!!
乞うご期待!!!!!

 

 

お題「ジャニヲタになったきっかけ」